スイスの視点を10言語で

チューリヒ空港出発便の約半数が遅延

チューリヒ空港では6月初めから遅延がほぼ毎秒発生している。夏場はさらに多くの遅延が予想されている。


Airport passenger sleeping
夢の中ではもう機内? Keystone / John G. Mabanglo

通信社AWPの分析によると、6月1日~7月10日は1日平均46%の便が15分以上遅れて離陸した。乗客の待ち時間は平均40分だった。

同空港広報によると、遅延の多くはオペレーションや技術、天候が原因だった。

同期間に50便以上の出発便があった航空会社のうち、最も遅延率が高かったのはポーランド航空LOTの約78%だった。エア・カナダ、サンエクスプレス(トルコ)、スカンジナビア航空、エア・リンガス(アイルランド)、エア・セルビアも60%を超えた。

チューリヒ空港で最も多くの商用便を運航するスイス・インターナショナルエアライン(SWISS)の遅延率は約48%だった。

≫フライトが遅延・欠航したら?スイスで保障される権利(英語)外部リンク

遅延率が低かったのはスペインのイベリア航空(17%)やエア・ヨーロッパ(20%)の他、カタール航空(25%)、クロアチア航空(29.9%)、スイスのエーデルワイス(30.7%)などだった。

コロナのツケ

夏の旅行シーズンに飛行機の往来が増えるのに伴い遅延が多くなるのは例年のことだ。だが今は、多くの航空会社・航空サービスが新型コロナウイルス危機の間にフライトや人員を減らしたツケが回ってきている面がある。

コロナ前の2019年6月の出発便の遅延率は約40%と、今年より約6ポイント低かった。19年通年では29%弱だった。

欠航も増えている。SWISSや他の欧州系航空会社はこの夏、主に人員不足を背景に数百便の欠航を余儀なくされた。6月初め以来、チューリヒ空港発着の全2万5030便のうち632便がキャンセルされた。SWISSはこの秋、さらなる減便を予定している。

航空交通管制システム「スカイガイド」の技術的な問題により、1日に約100便が欠航した。先月15日には数時間、離発着が停止した。その約2週間後にも世界的に使用されているフライト処理システムの障害が発生し、遅延が起きた。

同社広報は「残念ながら当社は国外システムに依存しているため、どのくらい遅延が発生するか予測するのはほぼ不可能だ」と話した。この夏の遅延率は比較的高くなるとみている。

チューリヒ空港は旅行シーズンのピーク時には出発の3時間前までに空港に到着することを推奨している。

英語からの翻訳:ムートゥ朋子

swissinfo.chの記者との意見交換は、こちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

SWI swissinfo.ch スイス公共放送協会の国際部

SWI swissinfo.ch スイス公共放送協会の国際部