ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

ユネスコ 欧州の最高峰モンブラン、世界遺産登録へ3カ国が協力

モンブラン

(Keystone)

ヨーロッパアルプスの最高峰モンブランの世界遺産他のサイトへ登録を目指し、スイス、フランス、イタリアの3カ国が24日、申請に向けた「第一歩」としての共同宣言に調印した。

フランスのシャモニーで行われた3カ国協議には、地元自治体や各国政府代表者らが出席。協議体が発表した声明他のサイトへによれば、共同宣言は「モンブラン山塊の世界遺産登録に向け、共同で手続きを開始するのに必要な準備段階」で、モンブランの「保存と発展の保護」が目的とした。

シャモニー側の代表者キャサリン・ベルセ氏は「青信号が灯った」と話す。同氏によれば、申請に向けた作業は2018年前半を予定しているが、ユネスコ(国際連合教育科学文化機関)の審査が終わるまでには「5~10年かかる」見込み。

シャモニーのエリック・フルニエ町長は「美しい冒険が私たちを待っている。そして私たちの強い熱意に応え、人間と世界のかかわりに革新的なビジョンをもたらす新しい発展モデル作りに、国境を越えて関わってくれる全ての人たちへ感謝の意を表したい」と述べた。

モンブランはフランス、イタリア、スイス南部ヴァレー州にまたがる山で、標高は西ヨーロッパで最も高い4808メートル。現在世界遺産に登録されている場所は1073カ所あり、スイスではラヴォー地区のブドウ畑、ベルンの旧市街、ユングフラウ~アレッチ氷河地域など12カ所。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

×