ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

#SWISSHISTORYPICS スイス人写真家が生んだ望遠レンズ内蔵カメラ Telephot

1890年代後半、スイス人写真家のパイオニア、オーギュスト・ヴォーティエ・デュフールはある難題にぶつかった。重い機材を使わずに遠くのものの写真を撮れないものか?ヴォーティエ・デュフールは、度重なる実験を経て、望遠レンズ内蔵のカメラTelephotを開発した。

ヴォーティエ・デュフールは1864年、スイス西部ヴォー州グランソンで生まれた。もともとプロの写真家ではなく、たばこ製造所の所長だった。だが、写真愛好家で、天文写真のほか、遠く離れた場所にあるものや山の風景を撮影することに情熱を注いだ。

彼は家族や見知らぬ人を好んで被写体にしたが、ポーズをとらず、日々の日課や趣味にいそしむ自然な姿を写真に収めた。

ヴォーティエ・デュフールは、遠く離れた物体をピンぼけせずにコンパクトなカメラで撮りたいと考えていた。

1890年代、ヴォーティエ・デュフールは、ジュネーブ天文台のエミール・シェール副台長の助言を得て、独学で様々な製品作りの実験を行った。

試行錯誤を経て、独自の工夫でTelephotを開発。このカメラは、内部に折りたたむように2枚のミラーを設置し、光路を3倍に伸ばし、さらに深い被写体深度にした。

Telephotは1901年3月14日に特許を取得。ヴォーティエ・デュフールは、写真家フレデリック・ボワソナと共にTelephotを製造、販売したが、現在では販売廃止されている。