ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

ヴィンタートゥールの写真展 スイス工業史を写し出した伝説のスイス人写真家ヤコブ・トゥッゲナー

スイス写真史において傑出した写真家の一人と見なされているヤコブ・トゥッゲナーの作品140点が、ヴィンタートゥールのスイス写真財団他のサイトへで展示されている。展示作品のすべてが機械をテーマにしたものだ。会期は2018年1月28日まで。

ヤコブ・トゥッゲナー(1904生まれ、88年没)の表現力の豊かさと彼の写真がもつ強烈な個性は、スイス写真界で異彩を放っている。トゥッゲナーはさまざまな世界に心を奪われていた。例えば、舞踏会やパーティー、ナイトライフに漂うムードを写真に再現できる者は彼をおいて他にいない。

それでも、トゥッゲナーが最も通じているのは、おそらく製造業界や工場だろう。というのも、彼には機械製図工の職業教育を受けたのち、製造業で働いた経験があるからだ。トゥッゲナーが芸術や写真の世界に入ったのは、世界大恐慌のあおりを受けて失業した20年代末のことだ。

企画展「Jakob Tuggener – Machine Age他のサイトへ(仮訳・ヤコブ・トゥッゲナー、機械の時代)」は、30年代初頭から50年代末のスイス産業界を、芸術としてだけではなく、あるがままの姿としても見せてくれる。写真や製本見本に加えて、別会場で上映されるトゥッゲナーの短編映画も一見の価値がある。