Navigation

朗読『スイス傭兵ブレーカーの自伝』第44回

偉大な主人マルコーニにすっかりほれ込み、無邪気に日々を過ごすウーリ。この幸せな日々がいつまでも続くのでしょうか。

このコンテンツは 2011/01/07 12:38

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。