Navigation

朗読『スイス傭兵ブレーカーの自伝』第62回

飲み代ですっからかんになったウーリは、物乞いをしながら少しずつ故郷に近づいていきます。途上、連れのバッハマン氏との信頼関係がとうとう崩れてしまいましたが。次回はいよいよ最終回です。

このコンテンツは 2011/02/28 10:12

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。