Navigation

朗読『スイス傭兵ブレーカーの自伝』第62回

飲み代ですっからかんになったウーリは、物乞いをしながら少しずつ故郷に近づいていきます。途上、連れのバッハマン氏との信頼関係がとうとう崩れてしまいましたが。次回はいよいよ最終回です。

このコンテンツは 2011/02/28 10:12

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?