ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

「悪徳と快楽展」

七つの大罪を扱った「悪徳と快楽、デューラーからナウマンへと続く七つの大罪展」がベルン美術館とパウル・クレー・センターで開催されている。

中世から現代にまで生き続けるこの罪の概念は、時代とともにいかに変遷していったのだろうか?それはなぜなのか?といったことを問い続けさせる展覧会だ。