ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

サーカス・クニー 受け継がれるスイスのサーカス家業

Linna Knie-Sun with a parrot

オウムを従えてパフォーマンスを披露するリンナ・クニー・サンさん

(Shao Dahai, SWI swissinfo.ch)

白と赤の縞が入った大きなテント。白と青で彩られたキャラバン。スイス人なら誰でも、国を代表するサーカス・クニー他のサイトへが街にやってきたと分かる。

それはスイス中央部・トゥーンでの公演の最終日。サーカスのキャンプ地はひっそりとしていた。訪れていたのは先生2人に付き添われた幼稚園児のグループのみ。明るい黄色の制服が灰色がかった秋の空気によく際立つ。サーカスに登場するラクダがエサを食べている様子に子供たちは夢中だ。

子供たちは、フランコ・クニー・ジュニアさんとリンナ・クニー・サンさんが我々に動物たちのキャラバンを案内するのに全く気が付かなかった。2人ともスイスでは有名人で、13歳の息子、クリス・ルイ君と共に地元メディアにしょっちゅう取り上げられている。

リンナさんは中国生まれ。20年ほど前に臨時の曲芸師としてサーカスに参加した。フランコはサーカスのテクニカル・ディレクター。彼らの息子はサーカスの8代目になる。

サーカス一行は100年もの間、観客を魅了し続け、時代を映す鏡になった。映画やテレビ、ソーシャルメディアの時代が訪れるまで、異国の神秘の場であることを信条としてきた。

かつてはひげを生やした女性が見世物になり、調教されたゾウやキリン、トラが活躍した。最近ではドローンを使った振り付けを採り入れている。だがショーの神髄は100年前からほとんど変わっていない。アクロバティックな離れ業、ドタバタ喜劇、そして動物だ。 

瑞士国家马戏团2019舞台精彩瞬间

小宇宙

多くのスイス人がサーカスを国宝の一つだと考えているのは、本質的にスイスが過去1世紀でどのような変化を遂げたかを反映する小宇宙だからだ。

クニーが初めて大テントを購入した1919年は、スイスが徐々に世界に向け国を開き始めた時代だった。当時10人に1人だったスイスに住む外国人は、今は4人に1人に増えた。

サーカスは現在、国籍や世代の異なる曲芸師のるつぼだ。非常に国際色豊かで、国籍やアイデンティティについてとやかく言うことは意味を持たない。

「人々に大きな違いはないと思う」。キャラバンの中で腰を落ち着けると、リンナさんはこう話した。「違いがあるのはたいてい主観的な意識。スイス人だから、中国人だから、ということではなく、それぞれ自身の考えに沿って行動する」

サーカスの団員約240人の出身地は約15カ国に広がる。モスクワのニクーリン・サーカスや米国の公開オーディション番組「アメリカズ・ゴット・タレント」の出身の団員もいる。フランスのルイ15世の宮廷で演技を披露した人物を祖先に持つ道化師も。サーカスはシーズンごとに世界中から曲芸師を募集する。

「サーカスには二つの鉄則がある」とフランコさんは明かす。「政治や宗教について話題にしないこと。このルールさえ守れば、どの国出身の曲芸師もみな平和に仲良くできる」

「もちろん摩擦を完全には避けられないが、これは人間的な側面でもある」とフランコさんは続ける。フランコさんには理解できない文化はない。「それはあなたが理解しようとするかどうかだ」

自由

クリス君がサーカスに残るかどうかは分からない。フランコさんは、自身が子供のころ、サーカスに留まることを強制されなかった。コンピューターサイエンスを学んだが、結局は家業に戻ってきた。

「毎日8時間もオフィスに座っているなんて想像できない」とフランコさん。「今の自由を思い切り楽しんでいる。たくさんの人に会い、いろいろな物を見ることができる。スイス中の街をいっぱい旅しているから」

だが今は、30都市320回を超える公演のシーズンが間もなく終わりを迎えるため、落ち込むこともある、と話す。国外から参加している臨時の曲芸師はぼちぼち故郷に帰省し始めている。

「毎年今頃が別れの季節だ」とフランコさんはこぼす。来年101回目のツアーのために戻って来る曲芸師の帰りを心待ちにしている。

#swisshistorypics 戦中戦後のサーカス・クニー

スイス最大のサーカス団クニーがベルンで初公演を披露したのは100年前の6月14日。それはサーカス王国の始まりを告げる一幕だった。


(英語からの翻訳・ムートゥ朋子), SWI swissinfo.ch

Neuer Inhalt

Horizontal Line


swissinfo.ch

公式アカウントはじめました!

公式アカウントはじめました!

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。