ナビゲーション

ナビゲーションへ

サブサイト

グローバルメニュー

スイス軍の料理は世界一

スイス軍のモットーは「量、栄養のバランス、そしておいしさ」

10月19日から22日までドイツのエルフルト ( Ehrfurt ) で開催されていた「世界料理オリンピック」の「軍隊料理」で、スイスのナショナルチームが金メダルを獲得した。

銀メダルを取ったのはアメリカ、そして銅メダルは開催国のドイツの手に渡った。

軍隊用の3品料理

 「スイス国軍料理チーム ( SACT ) 」は団体2種目で金メダルを獲得した。3品料理では北大西洋条約機構 ( NATO ) の野戦炊事場で150人分の食事が料理され、のちの料理芸術展示会で部隊に適した3品料理7種が展示された。これらの料理はすでに冷めていたが、プレゼンテーションの仕方、斬新さ、組み合わせ、正しい調理法、盛り付け、飾りなどが評価の対象となった。

 団体総合優勝を果たした国はノルウェー。銀はドイツ、銅はスウェーデンが獲得した。スイスは有力視されていたが力が及ばず、結局参加した32チームのうち8位に終わった。日本は総合25位だった。

 一方、スイスと日本のジュニア・ナショナルチームはより健闘した。「冷菜」と「温菜」の競技では、スイスチームはそれぞれ金メダルを獲得。総合ではドイツに続いて第2位となった。日本のジュニアチームも総合で第5位についた。世界料理オリンピックは世界最大の料理競技大会で4年ごとに開催されている。開催地は2000年以降3回連続してエルフルトとなっている。

swissinfo、外電

世界料理オリンピック総合結果 ( 団体 )

1位 ノルウェー
2位 ドイツ
3位 スウェーデン
4位 シンガポール
5位 カナダ
6位 デンマーク
7位 アメリカ
8位 スイス
9位 オーストラリア
10位 アイルランド

25位 日本


リンク

×