ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

A fun sign warns of dangerous cats
(Keystone)

スイスの家庭で最もよく飼われているのは猫で、140万匹がスイスのペット界を牛耳っている。猫を飼うのに特別な制限や規制はない。猫の飼い主にはペットの税金を払う義務はない。

犬は違う。居住する自治体に犬を登録し、保有税を毎年払わなければならない。例えばベルン州では115フラン(約1万3200円)だ。犬税に関する詳細情報はこちら他のサイトへ。スイスでは公共の場に犬の糞を捨てるためのビニール袋とゴミ箱がたくさん設置されている。

犬を飼う際のトレーニングコース受講は義務ではなくなったが、初めて犬を飼う人には推奨されている。大半の州には犬に関して独自の規制がある。特に危険の可能性のある犬種についてだ。居住する州または自治体に犬の飼い主向けの情報があるか調べてみよう。現在スイスには狂犬病はない。

すべての犬には、生後3カ月までに獣医によってマイクロチップを装着しなければならない。獣医はその犬の情報をスイスで飼われている犬のデータベース「AMICUS他のサイトへ」に登録する。外国から輸入された犬は入国後10日以内に獣医に診せなければならない。獣医はこの場合もその犬の情報を上記のデータベースに登録する。

それ以外の点では、犬と猫にかかる費用は同じようなものだ。獣医の医療費、食費、生活用具代、休暇中のケア費用などだ。ペット用の医療保険に入ることもできる。

ウサギやモルモットやインコなどのペットは「社会的動物」と定義され、単独で暮らすと苦痛を覚える。このような社会的動物を単独で飼うことは法律で禁じられており、飼育かごには最低限の大きさが定められている。連邦経財省獣医局はペットの飼育に関する詳細情報他のサイトへを提供している。

swissinfo.ch

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。