ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

ロックスターの死 プリンスさん死去 スイスからも追悼の声

世界の音楽シーンに影響を与えてきたミュージシャンのプリンス(本名プリンス・ロジャース・ネルソン)さんが昨日21日、米ミネソタ州ミネアポリスの自宅で死去した。57歳だった。プリンスさんはモントルー・ジャズ・フェスティバル出演や各地でのコンサートのため、これまでに何度もスイスを訪れていた。

 「彼のためならどんなことでもできた」。スイスの各紙は今朝、プリンスさんの死を悼むモントルー・ジャズ・フェスティバル他のサイトへのディレクター、マシュー・ジャトンさんのコメントを報じた。作曲家、音楽プロデューサー、ダンサー、俳優と、いくつもの顔を持ったプリンスさんのスイスでの活動は、レマン湖畔でのコンサートが最後になった。

外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 モントルーでは2007年に1回、09年に2回、そして13年には3日連日でコンサートを開いたプリンスさん。「プリンスは3日とも全く違った公演をした」とジャトンさんは振り返る。「それがプリンスの売りで、ファンたちはたとえ10日連続でコンサートを見に来ても、絶対に同じ内容ではないと知っていた」 

 ジャズフェスティバルへの出演に関しては、「働きかけや交渉をする必要はなかった」と続ける。「プリンスのコンサートは、予定するものでもエージェントにかけ合うものでもなかった。プリンス自身が、出演したいと私たちに連絡をしてきた。13年のコンサートチケットは3日分が7分で完売した」

 10年には、レマン湖畔の風景に感動したプリンスさんがラヴォー地区のブドウ畑をテーマにした他のサイトへを作っている。それは、ユネスコの世界遺産にも登録される景色の伝統的なイメージとは対称をなす、ファンキーな作品だった。

(仏語からの翻訳&編集・由比かおり)


タグ

Neuer Inhalt

Horizontal Line


swissinfo.ch

公式アカウントはじめました!

公式アカウントはじめました!

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。