ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

ヴォー州立美術館展示 アロイーズの世界

アロイーズ・コルバス(1886年~1964年)は32歳の時、統合失調症で精神病院に入院する。そこで文を書いたり、絵を描いたりすることを始めた。あふれ出す独自の世界観とたぐいまれな才能で、アロイーズはアール・ブリュット(Art Brut)を代表する芸術家となった。

彼女は、絵の2次元世界にとどまらない立体的なものや、サイズもさまざまに100点近い作品を創作した。普通の大きさのデッサンや油絵のみならず、スケッチブックや数メートルのトイレットペーパーにも絵を描いた。色も、鉛筆や色鉛筆、クレヨンを用いて、使える空間はすべて使った。例えば紙やキャンバスの裏にも絵を描いている。

タグ

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

公式アカウントはじめました

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。