Navigation

アルジャジーラ放送記者、ジュネーブで入国拒否

ベルギーから入国しようとしたカタール・アルジャジーラ放送のジャーナリストが14日ジュネーブ空港で、入国に必要なビザを持っていないとして身柄を拘束され送還された。

このコンテンツは 2001/10/16 09:48

ジュネーブ警察報道官によると、パレスチナ出身のアーマド・カマル氏は14日ジュネーブ空港の入国管理局でベルギー政府発行の書類を提出したがビザを持っていなかった。カマル氏は上司に電話で連絡し、スイス当局に身柄を拘束された事を伝えた。警察はカマル氏をトランジットゾーンにある宿泊施設で1泊させ、15日ベルギーに送還した。

このストーリーで紹介した記事

JTI基準に準拠

JTI基準に準拠

おすすめの記事: SWI swissinfo.ch ジャーナリズム・トラスト・イニシアチブの認証授受

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?