Navigation

オペラのインターネット・ライブ、いよいよ7月6日に

古代ヘルヴェティアの首都でローマ時代の遺跡の町ヴォー州アヴァンシュの野外オペラ・フェスティバルが、6日から始まる。ヴェルディ作「アイーダ」の初日は、インターネットでライブ中継される。

このコンテンツは 2000/07/05 09:05

古代ヘルヴェティアの首都でローマ時代の遺跡の町ヴォー州アヴァンシュの野外オペラ・フェスティバルが、6日から始まる。ヴェルディ作「アイーダ」の初日は、インターネットでライブ中継される。

1995年の初回以来大好評のアヴァンシュ野外オペラ・フェスティバルは、6000席のロ−マ式円形劇場が毎回満席となる。昨年のベルディ作「Nabucco」は延べ5万2000人が鑑賞した。

今年の「アイーダ」には、声楽家、演奏、技術、14ヶ国から600人が参加。7月6日から21日までの公演を前に気合いが入っている。チケットは今年初めに完売、今から手に入れる可能性は皆無。が、6日の初日は、インターネットで中継される。

組織運営委員会の最大の懸念は、天候だ。雨が降ったら、6000席を持つ野外円形劇場の公演が中止になる。

http://www.avenches.ch/aida

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。