ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

スイスのファッションアイコン スイスの著名な女性ファッションデザイナーが死去 81歳

クリスタ・ドゥ・カルージュ

クリスタ・ドゥ・カルージュさん

(Keystone)

スイスの著名な女性ファッションデザイナー、クリスタ・ドゥ・カルージュさんが病気により死去したことが分かった。81歳だった。ドゥ・カルージュさんの同僚が17日、スイス通信に死去の事実を認めた。

 バーゼル出身のドゥ・カルージュさんは黒い服をデザインすることで知られる。1983年に初の単独コレクションを開催。全て黒い服によるコレクションは当時、国内で例がなく演劇のような表現方法も大きな注目を浴びた。

 ドゥ・カルージュさんのデザインはスイス、ドイツ、オーストリアで話題を呼び、美術館でもたびたび展示された。

 ドゥ・カルージュさんは2004年、スイスインフォのインタビューに応じ「私たちは分別のある態度を服に落とし込む必要がある。だって現在のファッショントレンドに合わせたら、じきに服を一切着なくなる時代が来る。それは良くないことだから」と語った。

 ドゥ・カルージュさんは黒を非常に好み、本人も「最も問題がなく、ヨーロッパでは一番都会的な色だから」と明かしたほか「黒は常に一番お気に入りの色だった。最も中立的だし、一番不透明な色だから最も心配がない」と語っている。

 1936年にクリスタ・フーラーとして生まれ、その後、フランス語圏のジュネーブに移住。ジュネーブの土地を気に入ったため、フランス名のドゥ・カルージュと姓を変更した。ジュネーブには40年住んだ。

タグ

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

公式アカウントはじめました

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。