Navigation

スイス人プロデューサー、オスカー受賞

スイスの映画プロデューサ、アーサー・コーン(写真)は「9月のある日」でアカデミー賞最優秀ドキュメンタリー賞を受賞をした。

このコンテンツは 2000/03/28 15:55

スイスの映画プロデューサ、アーサー・コーン(写真)は「9月のある日」でアカデミー賞最優秀ドキュメンタリー賞を受賞をした。

「9月のある日」は、1972年ミュンヘン五輪でのイスラエル選手暗殺を描いた作品。授賞式のスピーチでコーン監督は、この映画はまだ一般公開されていないが、それでも受賞したという事は、審査員は興行上の大ヒットよりも作品そのもので評価したという証拠だと語った。

ドキュメンタリー部門は、「9月のある日」とキューバのミュージカルを描いたウィム・ウェンダース監督の「ブエナ・ビスタ・ソーシャルクラブ」が争った。「ブエナ・ビスタ」は55ヶ国で上演され2000万ドルの収益を上げている。

このストーリーで紹介した記事

JTI基準に準拠

JTI基準に準拠

おすすめの記事: SWI swissinfo.ch ジャーナリズム・トラスト・イニシアチブの認証授受

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?