Navigation

フライ監督の長篇ドキュメンタリー、アカデミー賞ノミネート

クリスチャン・フライ監督 Keystone

クリスチャン・フライ監督の「War Photography」が米アカデミー賞ドキュメンタリー部門にノミネートされた。スイスのドキュメンタリーがオスカーにノミネートされたのは初めて。

このコンテンツは 2002/02/13 10:43

アカデミー賞ドキュメンタリー部門にノミネートされたのは、他に「Children Underground」「Lalleeユs Kin: The Legacy of Cotton」「Murder on a Sunday Morning」「Promises」の計5作。フライ監督の「War Photography」は、米国の戦争写真家James Nachtwey氏の世界を探究した作品で、フライ監督5作目の長篇ドキュメンタリー。昨年のアムステルダム映画祭で公開され、先程ソロトゥルン映画祭にも出品された。

クリスチャン・フライ監督はソロトゥルン出身で現在はチューリッヒを拠点に活動している。3月24日のオスカーナイトでフライ氏の作品が最優秀ドキュメンタリー賞を受賞したら、91年のシャビエル・コラー監督「Voyage vers Loespoir」以来のスイス人のアカデミー賞受賞となる。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。