Navigation

フリブール国際映画祭で韓国映画大賞受賞

第14回フリブール国際映画祭が開催されている。大賞(25、000スイスフラン)を受賞したのは、ジェオン・ソー=イル監督の「空中に漂う鳥」(韓国)とパブロ・トラペロ監督の「Un Monde de Grues」(アルゼンチン)。

このコンテンツは 2000/03/22 16:30

第14回フリブール国際映画祭が開催されている。大賞(25、000スイスフラン)を受賞したのは、ジェオン・ソー=イル監督の「空中に漂う鳥」(韓国)とパブロ・トラペロ監督の「Un Monde de Grues」(アルゼンチン)。

ソー=イル監督の作品は、映画と現実の生活を分析したもの。また、トラペロ監督は、労働者の日常生活と息子との関係を白黒で描写した。

フリブール映画祭は1980年創設。今年は72本が上映され、約18、000人の映画関係者・ファンが途上国からの良質な作品を目当てにつめかけた。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。