Navigation

現代のアルプホルン

このコンテンツは 2006/12/08 15:59

最も広く知られたアルプホルン奏者の一人に、エリアーナ・ブルキがいます。フェルトブルンネン ( ソロトゥルン州 ) の医者の家に生まれた彼女は、6歳にしてアルプホルンのレッスンを望みました。幸いにして、才能ある正統派アルプホルン奏者のハンス=イェルク・ゾマーという優れた師を得ました。


デビュー当初、エリアーナ・ブルキは伝統的な民族衣装で舞台に現われ、短いアルプホルンで古典作品を演奏し、聴衆を沸かせました。後になって、他の音楽ジャンルにも足を踏み入れ、ジャズ、ファンク、ブルース、ソウル、ロックといったようにレパートリーを広げていきました。今では、彼女の演奏する 「 一風変わったアルプホルン 」 は遠くはシンガポールまでその名を馳せています。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。