スイスの視点を10言語で

観光業のいま

観光客
Keystone

観光業はスイスの主要収入源だが、今日では、外国を旅行するスイス人の支出額と、スイスに来る外国人観光客の支出額は大体同じくらいだ。

しかし収支では黒字が続いており、観光業は第6位の輸出産業となっている。2014年の国内雇用の4.3%を創出した。

もともと観光業の書き入れ時は夏だった。冬は大雪でほとんど旅行ができなかったからだ。だが19世紀末、主にイギリス人がスイスでウィンタースポーツをするようになってから、スイスで冬休みを過ごすのがトレンドになった。現在、観光の「ローシーズン(閑散期)」は春と秋の数週間のみとなっている。

スイスの観光業の最新データは連邦統計局の公式サイト外部リンクへ(英語)。

短い休み

今日では冬季、夏季だけでなく通年楽しめるリゾートや、旅の疲れを癒すスパ、ビジネス客向けの観光施設など様々なタイプがある。

スイス人には日帰りや週末旅行が人気。登山鉄道や湖のクルーズ船、山の上のレストランで食事を楽しむ旅行が好まれる。

一方、観光産業と特にヴァレー州、グラウビュンデン州、ベルン州などのアルプスを抱える州は「空きベッド」現象に頭を痛める。別荘のほとんどは貸し出されることがなく、家の持ち主が1年の間に数週間使うだけだ。

おすすめの記事

おすすめの記事

雪と、太陽と、星たちと

このコンテンツが公開されたのは、 150年前、雪で覆われたアルプス山脈は、誰も訪れることのない、ただの広大無辺な場所だった。その後、澄んで乾いた山の空気が健康に良いことから、肺疾患の患者が保養地として訪れるようになった。スイスのウインター・ツーリズムのはじまりだった。

もっと読む 雪と、太陽と、星たちと

スイスをPR

スイスのどの地域も、何らかの形で観光に力を入れている。夏はハイキング、冬はスキーを楽しめる山岳リゾートのほか、ウォータースポーツができる湖畔のリゾートも多い。

大半の都市もある意味でリゾートだ。ジュラ山脈のふもとなど農村地域ではアルプスよりなだらかな山の風景が楽しめ、のんびりと観光できる。

ほとんどの観光地では、イベントと野外活動の両方が楽しめる。大都市には美しい湖や会議場、美術館や博物館があり、大勢のビジネス客が集まる。

観光PRを担うのはスイス政府観光局外部リンク(英語)だ。近年、観光客誘致を巡り他国との競争が厳しくなっているが、国の観光振興予算はそれほど多くない。

最近のスイスフラン高も観光業の足かせになっている。スイス政府観光局は現在、インドや中国などの富裕層が拡大する市場に力を入れる。

アルプス

アルプスは今も変わらずスイス観光の目玉だ。夏はハイキング客でにぎわい、積雪量が豊富な冬はスキー客でごった返す。

アルプスを訪れる人々は、リフトやケーブルカーがあるのを当たり前に思いがちだが、これらが設置されたのは主に第二次世界大戦後と比較的歴史は浅い。スイスの山岳リゾートは、観光客のニーズに応じたあらゆる観光インフラを備える。

気候変動

ごく最近まで、スイスのウィンタースポーツリゾートでは「雪は保証済み」だった。しかし地球温暖化により、標高1千メートル程度の低地のスキーリゾートでは、ゲレンデの雪が足りず人工降雪機を使うケースが増えている。

気候変動に対するスイス政府の取り組みについては、連邦環境省環境局のウェブサイト外部リンクを参照。

最近では、スキーやその他の観光が及ぼす環境被害が注目されている。山間部では夏、冬を問わず「持続可能な観光」を目指すようになりつつある。観光業はアルプス地方の経済にとって極めて重要で、いかにこの素晴らしい景観を守り、次世代に引き継いでいくか、対策が求められている。

※このコンテンツは2017年11月時点のものです。今後は更新されません。

人気の記事

世界の読者と意見交換

ニュース

マンション

おすすめの記事

スイスでマイホームが賃貸よりお得に

このコンテンツが公開されたのは、 スイスでは住宅ローン金利の低下と家賃上昇により、2025年初めには不動産を賃貸するより購入した方が安上がりになる――こんな見通しを銀行最大手UBSが発表した。

もっと読む スイスでマイホームが賃貸よりお得に
イスラム教徒の墓に描かれたナチスの鉤十字

おすすめの記事

ヘイト・シンボルを禁止 ジュネーブ住民投票

このコンテンツが公開されたのは、 ジュネーブで9日行われた住民投票で、ナチスの鉤十字などのヘイト・シンボル表示を禁止する憲法改正案が84.7%の賛成で可決された。投票率は46%だった。

もっと読む ヘイト・シンボルを禁止 ジュネーブ住民投票
Finmaのロゴ

おすすめの記事

スイス金融当局新トップ、「経営陣の個人責任を追及」

このコンテンツが公開されたのは、 スイス金融市場監督機構( FINMA)の新長官に就いたシュテファン・ヴァルター氏は、監督権限の強化を求めていく立場を明確にしている。非協力的な銀行経営陣をFINMAが解任する権限も必要だとみる。

もっと読む スイス金融当局新トップ、「経営陣の個人責任を追及」
花粉症の女の子

おすすめの記事

高濃度の花粉で血圧上昇 スイス研究

このコンテンツが公開されたのは、 花粉の飛散量が高まるとアレルギー患者の血圧を上昇させることが、スイスの研究で分かった。女性や太りすぎの人では特に影響が大きい。

もっと読む 高濃度の花粉で血圧上昇 スイス研究
ロジャー・フェデラー

おすすめの記事

フェデラーの艇庫建設に反対運動 「湖岸への出入りを阻害」

このコンテンツが公開されたのは、 スイスの元テニス選手、ロジャー・フェデラーさんが計画するチューリッヒ湖畔のボートハウス(艇庫)建設に対し、「人々の湖畔の往来を阻害する」として反対する声が上がっている。

もっと読む フェデラーの艇庫建設に反対運動 「湖岸への出入りを阻害」
スーツ姿の男性と女性

おすすめの記事

スイス公共放送協会、次期会長に初の女性トップ

このコンテンツが公開されたのは、 スイス公共放送協会(SRG SSR)は25日に開いた総会で、次期会長にドイツ語圏スイス公共放送(SRF)で文化部長を務めるジャーナリストのスザンネ・ヴィレ氏(50)を選出した。女性のトップ就任は初めて。

もっと読む スイス公共放送協会、次期会長に初の女性トップ
EPFL

おすすめの記事

スイス、国立大留学生の学費を3倍に引き上げへ 下院委員会が可決

このコンテンツが公開されたのは、 スイス下院委員会は連邦工科大学チューリヒ校(ETHZ)と同ローザンヌ校(EPFL)の留学生の学費をスイス人学生の3倍に引き上げる案を可決した。27日に始まる夏期本会議で審議する。

もっと読む スイス、国立大留学生の学費を3倍に引き上げへ 下院委員会が可決

swissinfo.chの記者との意見交換は、こちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

SWI swissinfo.ch スイス公共放送協会の国際部

SWI swissinfo.ch スイス公共放送協会の国際部