Navigation

「行進と滑走」 パウル・クレーの散歩道

クレーの散歩道 作品の題の意味を味わいながらの散歩はお勧め ポールクレーセンター

パウル・クレーは画家であったが、言葉の芸術家でもあった。パウル・クレー・センター(Zentrum Paul Klee)を訪れ作品を鑑賞することは、クレーの言葉の芸術に触れることでもある。

このコンテンツは 2005/06/02 11:08

クレーの散歩道は画家への尊敬の意を表し、センターの建物の芸術性にふさわしいものである。散歩道には18ヵ所にわたって、パウル・クレー・センター(Zentrum Paul Klee)が所蔵するクレーの作品の題を使った標識がある。

ショッスハルデン通り(Schosshaldenstrasse)のなだらかな坂道には「引き上げられた地平線」の標識がある。ここからはパウル・クレー・センターの全容が、アルプス山脈を背景にしたすばらしい風景の中に見られる。

「引き上げられた地平線」は旧墓地通り(Friedhofstrasse)に続く。現在は新しく「ドゥルカマラ島」と名付けられている。ドゥルカマラ島とは甘苦い島という意味だ。この道が行き着くところは、「Undo-endo」。パウル・クレーの永遠の安息地だ。

クレーの墓は「空気の駅」にある。ショッスハルデン墓地(Schosshaldenfriedhof)の小高い丘の上だ。「野原のリズム」からはパウル・クレー・センターの重なり続くアーチが見える。センターの住所は新しく「果物の国のモニュメント」と名付けられている。

18ヵ所にわたる散歩道の風景とクレーの作品はここをクリックして他のサイトへご覧ください。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。