スイスのワイン生産者祭り、16億円の大赤字

今年の「ワイン生産者の祭り(フェット・デ・ヴィニュロン)」のメインアリーナはほぼ満席だったが、金銭的には大きな穴が開いた © Keystone / Valentin Flauraud

スイス西部・ヴヴェイで7~8月に開催された「ワイン生産者の祭り(フェット・デ・ヴィニュロン)」は数百万フランにのぼる大赤字になったことが分かり、関係者は資金手当てに奔走している。

このコンテンツは 2019/10/02 10:00
Keystone-SDA/sb

「108億円かけた祭りが赤字に」

祭りを主催したワイン生産者組合が1日、今年のイベントは1500万フラン(約16億2500万円)の赤字に終わったと発表した。祭りは約20年に1度開催される。

赤字のうち1000万フランは同組合の積立金で穴埋めする。残りの500万フランを捻出するための緊急計画が立てられた。

祭りは今年7月18日~8月11日に開催され、約37万5千人が来場した。7千人の地元俳優・歌手・音楽家が出演した野外アリーナは2万席を備え、チケットは79~359フラン。主催者は当初、40万枚の販売を見込んでいた。

運搬やセキュリティー、広告費がかさみ、予算を3%上回る1億300万フランの経費がかかった。

生産者組合は主な公共・民間の提携先や友人に連絡し、寄付を募っている。サービス提供者にも代金の放棄や値引きなどを相談しているという。


この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する