Navigation

SBB新型車両 車椅子用スロープ設置はわずか一つ

© KEYSTONE / ENNIO LEANZA

スイスの連邦行政裁判所は、スイス連邦鉄道(SBB)の新しい二階建て車両「FV-Dosto」に車椅子用のスロープ板を少なくとも一つ設置するよう義務付けた。

このコンテンツは 2018/11/23 13:22
Keystone-SDA/db

22日に裁判所が発表した判決では、車椅子用のエリアとバリアフリーのトイレへもスロープでアクセスできなくてはならないとした。

12月9日から運行開始する新型列車は、障害者がどのドアからも自由に出入りできるよう設計されている。しかし、スロープの角度が急で車椅子の利用者が補助なしに出入りできないことが列車のテスト運行で判明した。

≫スイスの新型列車についてもっと詳しく

≫スイスは本当にバリアフリー? 障害者の本音

提訴した障害者団体の統括組織インクルージョン・ハンディキャップ他のサイトへは、判決がスロープの設置を一つしか義務付けない判決に遺憾の意を示した。報道発表で「障害者が自立して公共交通機関を利用できる環境作りを法律は定めているが、今回の判決はその基準を満たしていなことを意味する」と指摘した。

この判決を不服としたインクルージョン・ハンディキャップは最高裁に上訴するか検討中だ。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

JTI基準に準拠

JTI基準に準拠

おすすめの記事: SWI swissinfo.ch ジャーナリズム・トラスト・イニシアチブの認証授受

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?