Navigation

介護士の2人に1人「定年まで続けられない」

介護士の仕事は重労働だ © Keystone / Christian Beutler

労働組合ウニアが15日発表した調査他のサイトへで、スイスの介護職に就いている人の約5割が定年前は仕事を続けられないと考えていることが分かった。劣悪な労働条件やストレス、ワーク・ライフ・バランスが欠けていることが背景にある。

このコンテンツは 2019/02/18 13:13
Keystone-SDA/SRF/ilj

ウニアは老人ホームなど介護施設で長期にわたり働く介護士およそ1200人にアンケートを実施。47%が「おそらく定年までこの職を続けない」、34%が「(いつまで続けるか)分からない」と答える「憂慮すべき」結果となった。慢性疲労を抱えたり燃え尽き症候群に陥ったりする人は86%にのぼる。

主な理由としてスタッフ不足などの労働環境や健康問題、仕事上の身体・精神的ストレスが挙げられた。ウニアは記者発表で「回答者は30歳代以下が多く、この職に就いたばかりだ」と強調した。

総合して、87%は本来任務に十分な時間を充てられないと感じている。ある若い介護職員はドイツ語圏のスイス公共放送(SRF)の番組他のサイトへ内で、この職業を続けたいとしながらも、事務処理作業が増えていることを明かした。

改善策は

ウニアは介護職の魅力を引き上げるために、スタッフの増員や労働条件の改善を訴える。ウニア介護部門の責任者サミュエル・ブーリ氏は「給料の引き上げ、シフト制の改善が必要だが、それには介護職や老人ホーム、介護施設など介護事業への財政支援を増やさなければならない」と話した。

スイス州健康局長会議他のサイトへの副議長を務めるザンクト・ガレン州保険局のハイディ・ハンゼルマン局長はSRFの同番組で、回答者の6割以上が30歳未満だと説明した。企業はより現代に合った魅力的な労働条件を提供し、家庭と仕事を両立できるようにするべきだが、そうできている企業は多くないと話した。

スイス中央部オプヴァルデン準州エンゲルベルクにある老人ホームの院長はSRFの番組で、同州では適切な財政支援のおかげで十分な職員を確保できると述べた。一方で支援が足りずコストカットを迫られ、職員を削減するという悪循環から抜け出せない施設も知っていると話した。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。