Navigation

swissinfoは解体の運命か?

インターネットジャーナリズムのメインストリーム、swissinfoが大幅にリストラされる運命にある。 swissinfo.ch

現在9カ国語でスイスのニュースを発信しているswisisfnoは、親会社であるスイス放送協会SRG/SSR idée suisse の決定により、2006年末までに英語のみに縮小される方向にあります。実質的に解体された後の報道内容は、外国に在住するスイス人のために、国内で行われる選挙と国民投票に限られることになりそうです。

このコンテンツは 2005/03/24 13:46

swissinfoの解体の決定に反対する声が、各界や読者から多く上がっています。詳細は、このサイトをご覧下さい。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。