Navigation

swissinfoは解体の運命か?

インターネットジャーナリズムのメインストリーム、swissinfoが大幅にリストラされる運命にある。 swissinfo.ch

現在9カ国語でスイスのニュースを発信しているswisisfnoは、親会社であるスイス放送協会SRG/SSR idée suisse の決定により、2006年末までに英語のみに縮小される方向にあります。実質的に解体された後の報道内容は、外国に在住するスイス人のために、国内で行われる選挙と国民投票に限られることになりそうです。

このコンテンツは 2005/03/24 13:46

swissinfoの解体の決定に反対する声が、各界や読者から多く上がっています。詳細は、このサイトをご覧下さい。

このストーリーで紹介した記事

JTI基準に準拠

JTI基準に準拠

おすすめの記事: SWI swissinfo.ch ジャーナリズム・トラスト・イニシアチブの認証授受

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?