ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

ガラス張りの会議室 チューリヒで学生起業家クラブが街頭実験

ガラス張りの立方体のなかで議論する人々


(Twitter / Gregory Inauen)

3チーム、4日間、3立方体。スイス連邦工科大学チューリヒ校(ETHZ)の起業家クラブが週末、チューリヒのあちこちである実験をした。

実験のタイトルは「The InCube Challenge(立方体の中で課題解決)」。テーマは①新しい技術が将来の教育をどう形成するか②移動手段の多様化に向けたアイデア創出③金融業界とデジタルとの融合への影響――の3つ。参加者はボランティアでガラス張りの仮設の「会議室」に缶詰になり、これらのテーマについて頭をひねった。仮設会議室はETHの敷地内の「ポリテラッセ」、中心街にあるパラーデプラッツとチューリヒ中央駅の近くの3箇所に設置された。


(英語からの翻訳・ムートゥ朋子)

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

×