ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

20日に公聴会 スイス検事総長が史上初の弾劾に?FIFA汚職で

ミヒャエル・ラウバー

ミヒャエル・ラウバー検事総長の公聴会が20日に開かれることになった

(Keystone / Peter Klaunzer)

国際サッカー連盟(FIFA)の汚職捜査をめぐり、連邦議会は20日、スイス連邦検事総長のミヒャエル・ラウバー氏の公聴会を開くことを決めた。議会司法委員会の決定次第では、初の高官の弾劾となる可能性が出てきた。

議会司法委員会は13日、ラウバ―氏に職務上の規則違反がなかったか、また落ち度がなかったかを調べるために公聴会を開くことを全会一致で決めた。議員らが弾劾訴追を求めていた。

20日に行われる公聴会が、弾劾手続きの第一歩となり、史上初の連邦検事総長の弾劾となる可能性がある。

ラウバー検事総長は何をした?

インフォボックス終わり

ラウバー氏については、FIFA汚職事件の公判手続きに不手際があったとして引責辞任を求める声が挙がっている。FIFAの本部はチューリヒにある。

スイスではFIFAの一連の汚職事件のうち、2006年のワールドカップドイツ大会をめぐる約1千万フラン(約11億円)の不正な金銭授受に関する事件の公判が先月、判決を待たずに打ち切られた。ドイツサッカー連盟の幹部とFIFAのスイス人理事計4人が詐欺罪などに問われていたが、時効を迎えた。

スイスの刑法では、詐欺罪は第一審の判決が出ていない場合の時効を15年としている。不正な金銭授受があったのは2005年の4月27日。今年3月以降は新型コロナウイルスの影響で裁判が再三延期され、時効までに判決を出す見通しが立たなくなった。

事件の捜査は2015年11月に始まったが、検察が起訴に持ち込んだのは4年後の2019年8月。さらに第一審の初公判が開かれたのは時効1カ月半前の2020年3月だった。

ラウバー氏は検察側の事件処理は適切だったと主張している。

検事総長自身もFIFA汚職捜査で懲戒処分を受けたのでは?

インフォボックス終わり

検察庁の独立監査局AB-BAは3月4日、ラウバー氏が繰り返し虚偽の報告を行い、FIFA汚職捜査中に検察庁の行動規範に違反したと述べた。 同氏はFIFAのジャンニ・インファンティーノ会長と非公式に会ったほか、捜査の情報源をかく乱し、AB-BAの調査を妨害したという。

監査局はラウバー氏の給与30万フランを1年間、8%減給する処分を下した。

連邦最高裁判所は今年4月、ラウバ―氏をFIFA汚職事件捜査から除外する刑事裁判所の決定を支持した。

ラウバー氏自身は何と言っている?

インフォボックス終わり

ラウバ―氏は、自身の事件処理に違反行為はなかったと主張している。検事庁はロイター通信に、4人の被告の事件について「司法手続きが完了しなかったこと」は残念だと述べた。

ラウバー氏はまた、監査局の調査結果と給与カットを不服として連邦行政裁判所に訴えを起こした。検察庁は、監査局の決定は「決定的なものではなく、司法のチェックが必要」とした。

ラウバ―氏は公聴会が決まったことに対し、コメントは出していない。

弾劾の手順、タイミングは?

インフォボックス終わり

検事総長の弾劾は簡単ではない。一定の規則に従う必要がある。

司法委員会のアンドレア・カローニ委員長は、こうした手続きは史上初となるため「正確に、不備がないよう、なおかつ我々の組織を守れるように」進めていく必要があると述べた。公聴会に向け、カロ―ニ氏は連邦司法省の担当者と法学教授を参考人として招致した。

委員会は公聴会後に、正式な弾劾手続きを取るかどうかを決める。その後の日程は不明だ。

弾劾が決まったらどうなる?

インフォボックス終わり

委員会が弾劾手続きに合意した場合、国民議会、前州議会の上下院が合同議会を開いて投票で是非を決める。批評家たちは夏季議会での実施を見込むが、行政裁の判決を待つべきだという声もある。

FIFA汚職捜査をめぐるラウバー氏の行為については何カ月も議会で議論が続けられたが、その議会が昨年9月、同氏の三選を決めた。ただラウバー氏が続投するのか、それとも匙を投げて辞任するのかははっきりしない。

FIFA汚職捜査 スイス検事総長が弾劾手続きへ

スイス連邦議会の司法委員会は20日、国際サッカー連盟(FIFA)の汚職捜査に過失があったとして、ミヒャエル・ラウバー連邦検事総長の弾劾手続き開始を賛成多数で可決した。連邦検事総長が弾劾手続きを受けるのは史上初めて。

このコンテンツは2020/05/20 18:58に配信されました



(英語からの翻訳編集・宇田薫), swissinfo/sb

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform mountain

デジタル化が可能にした山での暮らしとワークスタイル

デジタル化が可能にした山での暮らしとワークスタイル

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。