Navigation

前ユーゴ大統領、新たな純金売却疑惑

連邦経済情勢事務局(SECO)は22日、1999年にユーゴスラビアからスイスに輸出された金100kg(140万スイスフラン)にミロシェビッチ前ユーゴ大統領が関連していたという疑惑があり、現在調査中だと発表した。

このコンテンツは 2001/03/23 08:33

昨年チューリッヒに空輸された純金173kgの売買にもミロシェビッチ前ユーゴ大統領が関連していたという疑惑があり、SECOは今月初め調査開始を発表している。こちらの輸出元はユーゴスラビアの国営鉱山だと確認されている。

ミロシェビッチ前ユーゴ大統領は昨年9月21日から11月21日の間に相当な量の金(ユーゴスラビア国立銀行の申し立てによると700kg)をユーゴ国外へ運び出したと伝えられ、今年に入ってからユーゴ検察当局は事実確認の調査を開始、スイス当局に照会があった。SECOは、金輸入が1999年6月から2000年10月までの国連のユーゴ制裁に違反するものかどうかを調査中だ。スイス当局によると、金輸出にユーゴの国営企業が関わっていた場合には違法と見なされる。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。