ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

前ユーゴ大統領、新たな純金売却疑惑

連邦経済情勢事務局(SECO)は22日、1999年にユーゴスラビアからスイスに輸出された金100kg(140万スイスフラン)にミロシェビッチ前ユーゴ大統領が関連していたという疑惑があり、現在調査中だと発表した。

昨年チューリッヒに空輸された純金173kgの売買にもミロシェビッチ前ユーゴ大統領が関連していたという疑惑があり、SECOは今月初め調査開始を発表している。こちらの輸出元はユーゴスラビアの国営鉱山だと確認されている。

ミロシェビッチ前ユーゴ大統領は昨年9月21日から11月21日の間に相当な量の金(ユーゴスラビア国立銀行の申し立てによると700kg)をユーゴ国外へ運び出したと伝えられ、今年に入ってからユーゴ検察当局は事実確認の調査を開始、スイス当局に照会があった。SECOは、金輸入が1999年6月から2000年10月までの国連のユーゴ制裁に違反するものかどうかを調査中だ。スイス当局によると、金輸出にユーゴの国営企業が関わっていた場合には違法と見なされる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

×