ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

環境保護 チューリヒのリマト川が蛍光グリーンに染まる

リマト川

チューリヒの中心部を流れるリマト川が10日、蛍光グリーンに染まった

(Keystone / Unbekannt)

スイス・チューリヒ中心部を流れるリマト川が10日、蛍光グリーン色に染まった。環境保護団体が「私たちの生態系の差し迫った崩壊」に抗議するため水を染色したという。

ドイツ語圏の日刊紙NZZによると、警察は現時点で市民に危険はないと語った。

環境保護団体「Extinction Rebellion(絶滅の反乱)」は自身のフェイスブックページ他のサイトへで「我々の生態系に差し迫る崩壊と有害なシステムに対し、人々の注意を喚起するため」と理由を明かした。

10日、約30人の活動家がフラウミュンスター大聖堂~市庁舎の橋間の川面に浮かび、環境保護を訴えた。

同団体によると、染料は「無害なウラニンで、毒性は食卓塩程度」。ウラニンは黄色、緑色の蛍光水溶性染料で、壁、パイプ、タンクの水漏れを調べる目的で使われる。

同団体は今後10日間、国内各地で同様の行動をとりたいと述べた。

チューリヒ市警察は、水質保護法違反の可能性を捜査し、市検察庁にも報告済みだとしている。

NZZ/swissinfo.ch/sb

タグ

Neuer Inhalt

Horizontal Line


swissinfo.ch

公式アカウントはじめました!

公式アカウントはじめました!

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。