Navigation

連邦外国人委員会の新代表にシメン氏

統合問題をめぐって混乱の続く連邦外国人委員会の新代表に、キリスト教民主人民党のローズマリー・シメン氏が任命された。

このコンテンツは 2000/02/04 16:33

統合問題をめぐって混乱の続く連邦外国人委員会の新代表に、キリスト教民主人民党のローズマリー・シメン氏が任命された。

連邦外国人委員会は、2週間前、同委員会を連邦外国人局の管轄下に統合するというルス・メツラー司法・警察相の決定に抗議し、29人の委員のうちファビオ・カッシア代表と他14名の委員が辞任した。

政府は統合を進めるために、欠員補充を急いでいた。新代表に任命された、ローズマリー・シメン氏は、ゾロトゥルン州出身。昨年まで12年間全州議会議員を務めた。

メツラー司法・警察相は、統合決定は、難民収容所運営を除くスイスに住む外国人に関する全ての事務手続きを一つの官庁の管轄下に置こうとするものだと、述べている。しかしながら、カッシア全代表は、スイス人口の5分の1を構成する外国人住民にとって、外国人取り締まりを主任務とする外国人警察が、全てをコントロールするという新方針は納得のできるものではないと、強く抗議している。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。