文化

主な記事

以下のコンテンツは、主な記事の最新記事が掲載しています

著作権 欧州議会の著作権法改正案可決、スイスへの影響は?

欧州連合(EU)の欧州議会が今月、著作権法の改正案を賛成多数で可決した。メディアや表現の自由を訴える活動家らの強い働きかけで実現した今回の改正案は、フェイスブックなど大手インターネット企業に縛りを課す内容だ。スイスにはまだ直接的な影響は及んでいない。

関連コンテンツ

以下のコンテンツは、役に立ちそうな情報のトピックや記事を掲載しています

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

未完成の存在 スイスのアニメーション映画を取り巻く環境、改善の余地あり

昨年、スイスのストップモーションアニメ映画「ぼくの名前はズッキーニ(Ma Vie de ...

野外アート スイスの谷がアーティストのキャンバスに

谷がアートキャンバスにー。スイス南東部にあるサフィエン谷の景観をキャンバスに見立てた美術展「サフィエンタール・アート・ビエンナーレ」が開かれている。スイス国内外のアーティストたちが作品を出品し、今年で2回目。展示されたコレクションの一部を紹介する。

スイスの美術作品 再び自然光の下で「完璧な美」を放つバルテュスの神秘的作品と未完成作品

スイスのドイツ語圏で初めて「バルテュス展」が2日から開催され、バルテュスの自画像「猫たちの王」やわいせつな絵画だとして米国で論議を呼んだ「夢見るテレーズ」が展示される。また、現在建設中の新ローザンヌ州立美術館では、スイスのアトリエに保存されてきたバルテュスの未完成作品が初公開される予定だ。

山岳地域の摩擦 守るべきは羊か観光客か 牧羊犬めぐり揺れるスイスの農村

ゴッタルド峠周辺の山間部では、羊などの群れを守る牧羊犬、ガードドッグがオオカミやクマだけでなく、夏の行楽客にも襲いかかるのではないかという不安が渦巻いている。地域の住民は、特定の地域でガードドッグを禁止する運動に署名した。伝統と観光の共存がかかったこの問題の奥は、幾重にも深く重なる。

メディア業界 スイス、公共放送受信料の一部を通信社に拠出

スイス連邦政府は、スイス通信(Keystone-SDA)への財政支援を通し、地方放送局の報道を支える。  政府は29日、ラジオ・テレビ法の改正案を承認。公共放送の受信料収入から最大200万フラン(約2億2千万フラン)を一定の条件下でスイス通信に拠出することができる。 ...

持続可能な建築 チューリヒの「食べられるアパート」とは?

チューリヒ州にある1軒のモダンなアパート。実はこの中で、資源節約型建築を実用化するための新素材や新技術の開発が行われている。核となるコンセプトは「循環」。数年経つとアパートは解体され、そこで使用されていた建築材料は残らずリサイクルされる。

ローマ遺跡のモザイク 田園地帯にひっそりとたたずむ考古学の至宝

​​​​​​​ ヴォー州の小さな町オルブの田園地帯には、北部アルプス地方で見つかったものとしては最も大きく、最も美しいと言われるローマ時代のモザイクがある。その比類なき特性は世界的にも知られている。だがこの考古学の至宝を実際に見に訪れる人は少ない。

スイスの名所 世界から旅人が集まるスイスの「崖っぷちホテル」  新しい経営者を募集

スイス北東部アッペンツェル・インナーローデン準州の切り立った崖に立つゲストハウス「Äscher-Wildkirchli」が、新しい経営者の募集手続きを始めた。