文化

主な記事

以下のコンテンツは、主な記事の最新記事が掲載しています

スイスの歌声ヨーデル スイス南部でヨーデル・フェスティバル 大盛況のうちに幕

30周年を迎えたヨーデル・フェスティバルが今月22日から25日まで開催され、照りつける太陽の下、スイス南部ヴァレー州ブリークに約15万人のヨーデル愛好家が集まった。同フェスティバルは連日大盛況のうちに幕を閉じた。

関連コンテンツ

以下のコンテンツは、役に立ちそうな情報のトピックや記事を掲載しています

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

訃報 パーティーよりも社員食堂を愛したロレックスの元幹部、死去

世界的にも知名度が高いスイスの高級腕時計メーカー、ロレックスで過去に長年、幹部として経営に関わったハリー・ボレ氏が先週13日、スイスのビール(ビエンヌ)で死去した。89歳だった。

ベジャール・バレエ・ローザンヌ モーリス・ベジャール振付の「魔笛」の特徴は?

モーリス・ベジャールがバレエ作品に仕上げたモーツァルトのオペラ「魔笛」。ベジャールのもとで踊ってきたダンサーたちが、ベジャールの振付の特徴を語る。那須野圭右さん(日本)、ガブリエル・アレナス・ルイスさん(ベルギー)、カタリナ・シャルキナさん(ウクライナ)、

ベジャール・バレエ・ローザンヌ よみがえるモーリス・ベジャールの「魔笛」

ローザンヌには、クラシック・バレエの革新者と言われ、20世紀の振付師でも最も偉大な巨匠、モーリス・ベジャールの足跡が残る。生前のベジャールのもとで踊りの指導を受け、彼が振付をした「魔笛」を踊るバレエ団「ベジャール・バレエ・ローザンヌ」のダンサーらに、ベジャール特有のスタイルについてインタビューした。

ベジャール・バレエ・ローザンヌ モーリス・ベジャールのスタイルとは?

バレエ団「ベジャール・バレエ・ローザンヌ」の芸術監督ジル・ロマン氏は、ダンサー人生の大半をモーリス・ベジャールと共に過ごした。そんな彼が、モーツァルトのオペラ「魔笛」をバレエで演出したベジャールのスタイルの特性を語る。また、舞台に立つジュリアン・ファヴローさんとエリザベート・ロスさんが、

禁じられた食事 宗教改革期のチューリヒで起きた「ソーセージ事件」

宗教改革が行われてから今年で500年目にあたる。スイスの隣国ドイツでマルティン・ルターが免罪符を批判する「95カ条の論題」を提示し、カトリック教会の慣行に疑問を投げかけたのがその始まりだ。それから5年後、スイスにも波及した宗教改革。ドイツに負けず劣らず可笑しく、生活感にあふれている。

第30回 連邦ヨーデルフェスト ビートの効いたスイスアルプスの歌声、ヨーデル?

アルプスの山々、救助犬のセントバーナード、アルプスの楽器アルプホルン・・・。スイスのステレオタイプを一新する、連邦ヨーデルフェストの広告用動画がスイスのネット上で話題になっている。ポップなヨーデルをお聞きください。

多言語国家スイス スイスの言語、ロマンシュ語は消滅してしまうのか?

スイス人は山の民の言語が好きらしい。グラウビュンデン州のごく限られた地域でしか話されていないロマンシュ語は、1938年の国民投票で92%と極めて高い賛成票を得てスイスの第4の言語に指定された。それがいま消滅の危機に瀕している。  ロマンシュ語は古代ローマ時代、

今月の人気記事 5月に最も多く読まれた記事はこれ!

今月、スイスインフォで人気の高かった記事をご紹介します。

シリーズ「私たちは在外スイス人」 スイス人青年実業家、24歳で東京に会社を設立 スイス時計で挑戦

スイス人青年実業家、ルカ・オルドゥニャさん(27歳)が初めて日本を訪れたのは5年前。その後、スイス時計の輸入代理事業を担う会社を東京に設立し、スイスの伝統工芸である時計を介してスイスと日本を繋ぐ。日本で働くことは毎日が挑戦だというオルドゥニャさん、

ローザンヌ国際バレエコンクール2017 ローザンヌバレエ優勝者ミケーレ・エスポジートさん、ダンサー目指し11歳でたった一人でスイスへ

ローザンヌ国際バレエコンクール2017で見事に優勝に輝いたミケーレ・エスポジートさん17歳。バレエ人生での成功をつかむため、チューリヒのダンス・アカデミーで寮生活を送りながらレッスンに励んで6年になる。自炊しながら、自分の責任を自覚して学生生活を送っていると語る。  エスポジートさんは、

ジェームズ・ボンド スイスを愛したロジャー・ムーアさん

英俳優のロジャー・ムーアさんが今月23日、スイスの自宅で他界した。過去にスイスに移り住み、スイスと深い関係で結ばれていたムーアさんは、映画「007」のジェームズ・ボンドさながらスイスでウィンタースポーツを楽しみ、スイスアルプスでの生活を満喫していた。(SRF、swissinfo.ch) ...

牛とチーズとバイオメカノイド H.R.ギーガー・ミュージアム、平坦ではなかったこれまでの道のり

スイス人アーティストH.R.ギーガーさんが他界してから3年。映画「エイリアン」でアカデミー賞視覚伝達効果賞を受賞し、世界的に有名となったギーガーさんの作品は、彼の死後も中世の香りが漂うグリュイエールの町に残る。作品が展示されているH.R.ギーガー・ミュージアムは、