ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

厚紙切符 今も健在

今や、電車の切符はコンピューター経由で印刷することがほとんどだ。厚紙で作られた昔の切符は、スイスではもうあまり見かけなくなった。ベルン州ヴォルプ(Worb)にあるエシュバッハー(Aeschbacher)社は、今でも厚紙を切り、鉛版で印刷した切符を作っている。

厚紙切符はその昔、親と一緒に鉄道や郵便バスに乗った子どもたちが何よりも好んで集めた収集物だった。今の切符はほとんどがコンピューター経由で印刷されたもの。スマートフォンやタブレットに保存できるデジタル切符も現れた。

エシュバッハーの作業場は印刷用黒インクの匂いがする。鉛版を使ってまだ手作業で植字していた時代に戻り浸らせてくれる場所だ。ここでは発明者の名を取ったエドモンドソン切符を今でも年間200万から300万枚作っている。この切符は主にスイス国内外の観光用特別列車や船舶で使われている。
(写真: ゲイタン・バリー、Keystone)

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。