ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

マッターホルン登山の拠点 ツェルマット周辺で落石、山岳鉄道の一部路線が運休

same incident

2012年1月にも同じ道路で似たような落石が発生、通行止めになった

(Keystone / Jean-christophe Bott)

マッターホルン登山の拠点の町ツェルマット周辺で12日夜、落石が発生し、13日午後現在他のサイトへで山岳鉄道の一部路線が運休している。

落石は12日午後7時30分ごろ、ツェルマットから南へ4キロ離れたランダ村~ヘルブリゲン村間で発生。周辺道路が一時通行止めになり、列車も運休した。けが人はなかった。

マッターホルン・ゴッタルド鉄道(MGB)によると、13日午後2時半現在でザンクト・ニクラウス駅~テーシュ駅間が運休。代替バスが運行している。

road

鉄道

以前も自然災害で孤立

ツェルマットでは、自然災害により交通に影響をきたすケースが度々発生。7月、上流の氷河からとけて流れてきた水が決壊し、一部地域が浸水した。昨年冬には雪崩、大雪、落石により周辺の交通網が遮断され、観光客が4日間足止めされた。

山の安全 スイスで相次ぐ雪崩 監視・予防体制は?

スイス南部のスキーリゾート、クラン・モンタナで先月19日に発生した雪崩は死者1人、負傷者3人を生む惨事となった。1月には東部のシュヴェッガルプでホテルに雪崩が襲い掛かり、3人が軽傷を負った。スイスはそんなに雪崩のリスクが高いのか?どのように監視しているのだろうか?

SDA-Keystone/ac

Neuer Inhalt

Horizontal Line


swissinfo.ch

公式アカウントはじめました!

公式アカウントはじめました!

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。