ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

9月23日の住民投票 スイスのザンクト・ガレン州が住民投票で顔を覆うブルカ禁止

3人の顔を覆った女性

スイス中央部・インターラーケンで買い物をするサウジアラビアからの観光客

(Keystone)

スイス北東部ザンクト・ガレン州で23日に実施された住民投票により、公共の場で顔を覆うことが禁止されることになった。

 ブルカ禁止に動いたのはスイス全26州でザンクト・ガレン州が2番目。2016年にはティチーノ州が禁止を決めた。連邦政府は国レベルでブルカを禁止するのに反対している。

≫もしも国レベルの国民投票が行われたら?

 ザンクト・ガレン州の住民投票では、有権者約50万人のうち賛成7万3830票、「ブルカ禁止法」を支持した。投票率は35.8%だった。

 州警察は今後、ブルカやマスクで顔を覆った人物が「公共の安全や宗教的・社会的平穏を脅かすまたは害する」かどうか判断する裁量権を持つ事になる。

ブルカ、ニカブ、ヒジャブの違いを図解
(swissinfo.ch)

SDA-ATS/ts

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。