Navigation

スイスエア、大規模再建計画と人員削減発表

チューリッヒ・クローテン空港のスイス航空機 Keystone Archive

国外拡張政策の失敗から昨年30億スイスフランの赤字を出し、米同時多発テロでさらに困難に陥るのが必至のスイスエア・グループは24日、大規模な再建計画を発表した。

このコンテンツは 2001/09/25 10:46

スイスエアの発表によると、主な再建計画は、近距離便専門のクロスエアのスイス航空への完全統合、役員を現行の12人から6人への削減、所有機を現行の4分の1へ削減、ゲート・グルメ.ケータリングサービス部門の従業員30、000人を北米中心に10%削減など。搭乗員の削減がどれくらいの規模のものになるかはまだ決まっていないが、約1000人が失業することにりそうだ。

22日、カスパール・フィリガー蔵相、モーリッツ・ロイエンベルガー運輸・環境エネルギー相、マリオ・コルティ・スイスエア会長が会談し、スイスエア救済のための特別委員会の設置が決定された。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。