教育

スイスは教育に多大な投資を行い、優秀な学生を引き付けるために大学の授業料を安く抑えている。そのためスイスの大学は常に世界最高水準にランクされている。幼稚園から高等教育まで、スイスの教育についての情報を紹介。

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

スイスの教育制度

大学、工科大学、研究所など多数の教育機関を有するスイスの高等教育制度は、世界最高の水準にある。 スイスの大学は、ほとんど公的資金でまかなわれているため、一般的に授業料は日本の大学より非常に安く設定されている。  スイスの国公立大学(英/独/仏/伊語)は合計12校あり、 ...

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

入学資格

外国人がスイスの大学以上の高等教育機関に入学するには、優秀な成績、高い語学力、そして場合によっては勤務経験が必要。 入学資格は入学を希望する学校や教育プログラムのタイプによって異なる。入学後の学業を支障なく続けられるかどうかを確認するために、入学試験を課している教育機関もある。 ...

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

学費

スイスの大学は多額の公的補助を受けているため、日本の大学と比較して授業料は非常に安く抑えられている。 授業料は、大学やプログラムによって異なるが、スイス人学生と外国人学生の授業料は同額ないしほぼ同額。例外はルガノ大学で、留学生の授業料はスイス人学生の授業料の2倍。 年間生活費は、 ...

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

滞在許可証とビザ

スイスに留学を希望する学生は、当局から適切な滞在許可証を取得しなければならない。その手続きを紹介。 外国人労働者のビザと同様、ヨーロッパ諸国の学生に対する学生ビザの取得条件は、その他の国の学生に対する条件よりも緩やか。 日本など、 ...

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

奨学金と交換留学生制度

スイス政府は、日本、アメリカ、オーストラリア、インドを含む多数の国からの留学生に奨学金を支給している。 スイス政府は、「留学生向け奨学金に関する連邦委員会(FCS)」を通して留学生を支援している。 またさまざまな大学が独自の奨学金や成績優秀者に対する特別奨学金を供与している。 ...

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

初中等教育

スイスでは、小・中学校の9年間が義務教育期間。その後の進路は、職業見習い実習、または大学進学を目的とした普通高校へと分かれていく。 青少年の教育は州と自治体の管轄で、それぞれの州または自治体に独自の規定とプログラムがある。現在、全州の教育制度を調和させる方向に進みつつある。 ...

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

スイスの教育に関するその他の情報

スイスの学校教育は、26ある州の各州政府の管轄下にある。従って、スイスには26の教育制度がある。 現在、多数の州政府が、教育制度の全国的な統一に取り組んでいる。スイスの教育制度については、州教育委員会代表会議(EDK/CDIP)の概要と図表(英/独/仏/伊/ロマンシュ語)を参照。 ...

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

研究機関における傾向

スイスには州立大学が10校と連邦工科大学が2校あり、多数の分野において最先端の研究を行っている。 連邦政府は、「スイス連邦基金(SNF/FNS)」(英/独/仏/伊語)を通し学術研究を支援している。研究プログラムに対する財政支援を行い、長期の研究に関する方針に対するガイドラインを作成する。 ...