主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

スイスの教育制度

大学、工科大学、研究所など多数の教育機関があるスイスの教育制度は世界最高の水準にある。

高等教育機関に進むには

外国人がスイスの大学以上の高等教育機関に入学するには、優秀な成績、高い語学力、場合によっては勤務経験が必要。

学費

スイスの大学は、ほとんどが公的資金でまかなわれているため、米国や英国に比べて学費が非常に安い。 ...

留学生の滞在許可証とビザ

スイスに留学を希望する学生は、適切な許可証を取得しなければならない。日本の場合は90日以内の短期留学かそれ以上の滞在期間になるかで、手続きが異なる。

奨学金と交換留学制度

スイス政府は、「留学生向け奨学金に関する連邦委員会(FCS)」を通じ、留学生を支援。成績優秀者を対象とした特別奨学金など個別に制度を用意している大学も多い。

大学の交換留学プログラム

スイスの大学は留学生に人気が高く、学生全体に占める留学生の割合は17%と、経済協力開発機構(OECD)平均の約3倍だ。その結果、スイスのキャンパスは留学生のニーズに応える形になっており、重要な情報はすべて英語で提供されている。

職業訓練制度

スイスでは、前期中等教育(日本の中学校に相当)の義務教育(3年間)を終えた16歳で、重要な選択を迫られる。後期中等教育(日本の高等学校に相当)に進むにあたって、職業教育・訓練(英語でVocational education and training, ...

公立教育(初中等教育)

スイスでは一般的に、幼稚園、小・中学校が義務教育期間(15歳ごろまで)。その後は職業訓練(見習い実習)、大学進学を目的とした高校へと分かれていく。

スイスの教育に関するその他の情報

スイスの学校教育は各州の管轄下にある。スイスの州は全部で26州だから、26通りの教育制度があるということだ。

学術研究のトレンド

スイスには12の州立大学と連邦工科大学が2校あり、多数の分野で最先端の研究を行っている。