Navigation

スイス、シェンゲン協定・ダブリン協定に早期加盟か

瑞独国境検問所の独側。 Keystone Archive

米同時多発テロを受け、スイスのシェンゲン協定とダブリン協定加盟交への動きが加速することになりそうだ。20日と21日の2日間ブリュッセルで開かれているEU司法・内相会議では、スイスとEUの安全保障問題における協力強化が討議されている。

このコンテンツは 2001/09/21 11:07

シェンゲン協定とは、EU加盟国で国境でのパスポートやIDカードなしで自由に人の通過を認める協定で、犯罪対策、国境管理、難民の対応などの問題におけるクロスボーダー協力の政策を定義するもの。1985年にルクセンブルクのシェンゲン村でこの協定の元になる協定が結ばれたため、この名称が付けられた。ダブリン協定は、移民および難民の手続きを定めたもの。今年3月、EU非加盟国のノルウェーとアイスランドは、シェンゲン協定に加盟した。20日と21日のEU司法・内相会議では、欧州全域での厳格な反テロリズム強化策導入について討議している。スイス連邦司法局でシェンゲン協定問題を担当するモニカ・シャメッティ氏は、EU加盟国の間でスイスとの司法協力体制強化の必要性を訴える声が高まっているという。EUの姿勢は、19日EU閣僚理事会の理事長を務めるヴァーホフシュタッド・ベルギー首相がロイエンベルガー・スイス大統領に、スイスのシェンゲン協定およびダブリン協定加盟交渉を早急に開始すると述べたことからも明らかだ。

スイスは、国際テロ組織および国際犯罪組織の本拠地とされたくない、また欧州の不法滞在者の入国地点と決めつけられたくないという事情から、シェンゲン協定とダブリン協定への加盟を希望している。これまでにも、スイスとシェンゲン協定加盟国は、組織犯罪や資金洗浄捜査における警察の共同捜査、難民法などの分野で、協調した安全保障政策をとってきた。が、個人情報保護法など、合意に達していない重要課題がいくつか残っている。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。