Navigation

スイス・EU相互自由貿易協定、来年1月からの実施は無理

対EU相互自由貿易協定の来年1月1日からの施行は、不可能だとの見解がスイス当局から発表された。が、遅延の影響は深刻なものたはならないだろうという。

このコンテンツは 2000/09/01 10:09

対EU相互自由貿易協定の来年1月1日からの施行は、不可能だとの見解がスイス当局から発表された。が、遅延の影響は深刻なものたはならないだろうという。

EU統合問題を担当するジョセ・ボサー氏は、相互自由貿易協定がEU15ヶ国全ての議会で年内に批准されるのは不可能だとし、協定の1月1日施行は無理だとの見解を発表した。が、多少の遅延は長期的には影響がないとした。

ボサー氏は、たとえ批准が終わっていなくても、スイスは来年1月1日から協定の一部を施行するという。問題の焦点となっているのは、EUからの大型トラックに課税されるトラック税だ。「トラック税はスイスにとっては国内問題だ。外部から、とやかく言われる問題ではない。我々は予定通り、1月1日からトラック税の課税を開始する。が、事前にEUと様式について討議しなければならない。」とボサー氏は語った。

フランスなど何ヶ国かは、自国議会の冬期会議以前に問題を討議する予定はないとスイス政府に伝えている。そのため、スイスとしても早くても来春以前の協定施行は不可能と見ている。

その場合、一番影響を受けるのは、欧州共同研究への参加協定だ。協定施行が延期となると、2002年まで研究参加ができないという。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。