ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

バーゼル港取扱量、増加

昨年はライン川流域のバーゼル港での、物資運輸取扱量が飛躍的に伸びた。バーゼル港は、ライン川上ドイツ、フランスとの国境にあり、内陸国スイスの主要港。(写真:バーゼル港)

昨年はライン川流域のバーゼル港での、物資運輸取扱量が飛躍的に伸びた。バーゼル港は、ライン川上ドイツ、フランスとの国境にあり、内陸国スイスの主要港。(写真:バーゼル港)

2000年のバーゼル港の物資取扱量は前年比15%増の850万トンだった。コンテナも前年比11%増だった。が、昨年12月のバーゼル港からの出荷量は前年同月比ー3%となり、石油製品の取扱量が減少したことがマイナスとなった原因の1つだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

×