ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

フィンテック スイスの暗号資産取引所、責任者が辞任

SIXのロゴと受付窓口

スイス証券取引所を運営するSIXグループが計画している暗号資産の取引所は、当初予定よりも取引開始時期が遅れている

(© Keystone / Christian Beutler)

スイスで世界初の公認暗号資産取引所を開設する計画が内部不和に揺れている。プラットフォームの仕様をめぐる意見がかみ合わず、開発責任者のマルティン・ハルプラウプ氏が着任からわずか8カ月で辞任することになった。

スイス証券取引所を運営するSIXグループ他のサイトへは、SIXデジタル取引所(SDX)他のサイトへの開発計画に同氏の辞任による支障はないと説明する。だが、新種の電子資産を取引できる世界初の公式証券取引所になるという野望に打撃を与えかねないとみられている。

SIXの社内向け連絡文書によると、責任者だったマルティン・ハルプラウプ氏は「私はSDX構想やビジネスモデルに完全に同意しており、ぜひ将来のSDXを率いていきたいと思っていた。だが戦略に関するアイデアの相違がある以上、長期的にSDXのトップではいられないと苦渋の決断をした」とコメントした。

最大の相違は、ハルプラウプ氏がSDXを独立した企業としての立ち上げを目指していたことだ。これに対して、SIXの取締役会ではあくまでSIX傘下で運営しようとしていた。

13日付の社内連絡文書によると、9月1日からトーマス・キンドラー氏が暫定的にハルプラウプ氏の後任に就く。ハルプラウプ氏は今年初めに着任したばかりだった。

キンドラー氏はSIXグループ証券・取引部でトーマス・ジープ部長に次ぐ地位にいる。ジープ氏は社内メモで、恒久的な後任を見つけるため「幹部募集」をかけているとし、キンドラー氏も候補に含まれると明らかにした。ハルプラウプ氏はSDXに上級顧問として留まる意向を示しているという。

SDX構想は昨年7月に発表され、当初は今年半ばの運用開始を目指していた。だが計画は後ずれしており、SIXに加盟する銀行との内部的な試験運行を年後半に行ったあと、来年前半の本格運行を予定している。

swissinfo.ch

Neuer Inhalt

Horizontal Line


swissinfo.ch

公式アカウントはじめました!

公式アカウントはじめました!

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。