ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

マーク・リッチ氏の会社、脱税・不正取引で捜査

大蔵省は、貿易商マーク・リッチ氏経営の会社を脱税、不正行為、密貿易疑惑で捜査を開始した。米国出身のリッチ氏は、74年脱税などの容疑で起訴寸前にスイスに亡命、先月クリントン前米大統領の任期最終日に米国では猿ヘとなった。

大蔵省スイスマネーロンダリング管理局は、リッチ氏の経営する会社Glencoreがスイスのマネーロンダリング法に違反する送金をしたかどうかの調査に着手した。「我々は照会を開始したが、マーク・リッチ氏が汚れた金の洗浄をした容疑者だというわけではない。」と、ダニエル・エックマン大蔵省報道官は言う。エックマン報道官によると、マネーロンダリング管理局はGlencore社が合法的な貿易活動をしているだけだと判明したら、Glencoreの活動は捜査の対象としない。が、違法行為が発覚した場合には、リッチ氏は約20万スイスフランの罰金を科せられることになりそうだ。

「ブリック」紙の取材に対し、リッチ氏の弁護士アンドレ・ヴィッキ氏は、リッチ氏はGlencoreが捜査されるならば会社をロンドンに移すか閉鎖すると述べていると語った。そして、スイスのマネーロンダリング法は不条理だ抗議していると語った。が、エックマン大蔵省報道官は、「Glencoreを捜査するなら企業を国外に移すというリッチ氏の弁護人による威嚇は、当局の調査に何の影響も及ぼさない。」と断言した。が、ヴィッキ弁護士は「大手商社のGlencoreが移転したら、ツーグ州は数百万スイスフランの税収を失う。」としている。

マーク・リッチ氏は1983年に4、800万ドルの脱税と米石油価格規制違反で起訴される直前に米国から逃亡、以来スイスに居住している。先月、クリントン大統領の任期満了猿ヘになった。同bュ任期満了猿ヘになったパートナーのピンカス(ピンキー)・グリーン氏と共に1974年ツーグで貿易会社マーク・リッチ・インターナショナルを設立、94年にGlencore Internationaloに社名変更した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

×