Navigation

Skiplink navigation

ノバルティス、国内で450人を新規雇用へ 新薬承認で

ノバルティスがスイス東部アールガウ州の工場で新たに生産する製品は、スイスと欧州連合(EU)域内で2年以内に販売される Keystone

製薬大手ノバルティスは、細胞・遺伝子治療薬の生産現場に3年間で9千万フラン(約100億円)を投資する計画を発表した。ヨーロッパでの新しい治療薬の提供を目指す。 

このコンテンツは 2018/08/28 12:30
SDA-ATS/ac

スイス東部アールガウ州シュタインの研究施設を強化する。第1弾として、260人を新しく雇い入れる。新規雇用は2021年までに450人に増える可能性があるという。同社は昨年、バーゼル本社の社員500人を削減し、代わりにバイオテクノロジー事業を中心に350人を新規雇用すると発表していた。

シュタインで製造する製品は、スイスと欧州連合(EU)域内で2年以内に販売する計画だ。

≫スイス製薬業が抗がん剤に注力するワケは?

≫スイスで進む個別化医療の研究

ノバルティスのスイス代表、マティアス・ロイエンベルガー氏は「この投資は業界の変化を象徴している」とコメントした。「高度に専門的な新技術への投資が増えれば、伝統的な分野の重要性は小さくなる」

投資計画は、欧州委員会が同社のがん治療薬「Kymriah」を承認した後に発表された。同薬は25歳以下の小児・若年成人の再発・難治性のB細胞性急性リンパ芽球性白血病の治療薬として開発された。日本では「CTL019」の名で製造販売承認を申請中だ。

ノバルティスはすでに米ニュージャージー州モリスプレーンズで、細胞・遺伝子治療薬の製造を専門とする工場を操業している。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する