ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

政府、新移民法案承認:外国人住民の国籍取得簡易化へ

連邦政府は31日、スイス在住3世代目の外国人には自動的にスイス国籍を認める、外国人住民の子供達の国籍申請プロセスの簡易化など、外国人住民の国籍取得を簡易化する新移民法案を承認した。

連邦政府は、連邦外国人委員会の提出した国籍再検討案の支援を決定した。ルス・メツラー司法・警察相は、新法案ではスイスで垂ワれた移民の子供は自動的にスイス国籍が得られるようになり、またスイスに住む外国籍の両親のスイス垂ワれの子供達の国籍申請プロセスも簡易化されると発表した。そして「政府としては、自分をスイス人だと感bトいながらスイス国籍の無い人々の国籍取得を迅速かつ容易に実現させたいと考えている。」と語った。

新法案では、国籍取得の判断は州に委ねられているが、州当局は連邦法に従う義務がある。現行法では、国籍申請者の審査と判定の権限は州、または市町村にある。連邦政府は、新移民法が外国人住民のスイス籍取得を奨励することを期待している。現在スイスに住む外国人630、000人は国籍取得可能者に該当するが、実際に国籍を取得する人は年20、000人ほどだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

×