Navigation

社会的距離守らずデモ、警察が出動

スイス国内では週末、2週連続で大規模なデモがあり、数百人が街を練り歩いた Keystone

新型コロナウイルスの影響がいまだ色濃いスイスでは週末、一般市民らが5人超の集まりを禁止するルールを無視してデモ活動を実施。警察が出動し、集会を解散させた。

このコンテンツは 2020/05/11 13:44
swissinfo.ch/mga

首都ベルンとチューリヒでは9日、数百人が抗議活動のため市内中心部に集った。バーゼル市内ではロックダウン(都市封鎖)に反対する約100人がデモをし、ザンクト・ガレンでも80人が同様の抗議活動をした。警察が出動し、拡声器などを使ってデモをやめるよう要請した。

ベルンで、2つの抗議グループが、ソーシャルディスタンシング(社会的距離)を守らず警察の警告を無視した。州警察はスイスの通信社Keystone-SDAに対し「数十人」に対して任意で事情聴取したと述べた。

ザンクト・ガレンでは、警察がデモに加わった14人の身元を確認した。デモは同日午後、駅に移動し、さらに18人が聴取を受けた。

スイスで週末、ソーシャルディスタンシングを無視してデモ活動が行われたのは、これで2週連続となる。

5月初めの週末、ベルンとチューリヒなど複数の都市でデモがあり、警察が解散させた。抗議行動は、3月中旬以降スイスで実施されている社会的・経済的な制限措置に反対するものだ。

人権団体アムネスティ・インターナショナルは、自由権の侵害につながるとしてこうした対応に抗議した。

11日、小中学校、全商業店、レストランが再開したが、大規模なイベントは8月末まで禁止され、一部の公共施設も6月まで閉まっている。

スイス国内の感染者は3万人を超え、1800人以上が死亡している。

外部リンクへ移動

 

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。