Navigation

経済危機で輸出大幅減少

今回の経済危機は3年間の成長を食いつぶし、スイスの輸出産業に大きなダメージを与えた Keystone

経済危機はスイスの輸出に史上最大のダメージを与え、今年上半期の名目輸出額は前年同期に比べて16%近く減少した。半年間の減少率としてはこれまでで最大だ。

このコンテンツは 2009/07/22 08:53

連邦税関事務局 ( EZV/AFD ) が7月21日に発表したところによると、6月の輸出額は20.4%も落ち込み、149億3000万フラン ( 約1兆3000億円 ) に減少した。物価の変動を考慮した実質輸出額はマイナス23.5%に及ぶ。

2006年の水準に逆戻り

一方、輸入のダメージはこれより小さく、名目輸入額は17.7%のマイナスで133億6000万フラン ( 約1兆2000億円 ) となった。また、実質輸入額は10.7%のマイナスだった。

輸出の減少は10に分類されるどの分野にも見られ、そのうち6分野では2割から4割の落ち込みを記録した。6月に特に大きな打撃を被ったのは、金属産業 ( ‐38% ) と時計産業 ( ‐31.9% ) だった。

今年上半期の貿易は最悪の状態で、輸出入を合わせた減少率は16%となり、2006年の水準に逆戻りした。連邦税関事務局によると、特に対欧州連合 ( EU ) の貿易が「極端に減少している」という。

今年1月から6月までの名目輸出額は15.6%減の889億1000万フラン ( 約7兆8000億円 ) 、実質輸出額はマイナス17.4%。同時期の輸入額は16.2%減の799億1000万フラン ( 約7兆円 ) だった。物価上昇率はマイナス10%。貿易収支は約90億フラン ( 約7880億円 ) の黒字となった。


swissinfo.ch、外電

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。