Navigation

Skiplink navigation

スイスで貸し別荘・キャンプ場が人気上昇

今年猛暑に見舞われたスイス。リゾート地は打って変わって深い雪に包まれている Keystone

スイスで貸し別荘やキャンプ場など、ホテル以外の代替宿泊施設が好調だ。ドイツ人観光客が押し上げ役になっている。

このコンテンツは 2018/11/26 16:56
Keystone-SDA

代替宿泊施設の利益団体「スイスパラホテリエ」に加盟するインターホーム・スイスやスイス旅行金庫(Reka)、スイス・ユースホステルなどが合同で調査した。

別荘・アパートの貸し出しを手がけるインターホームでは、今冬の予約件数は前年比12.2%増加。クリスマスと正月前後の2週間に限ると3割増えた。スイス全域で増加しており、「ドイツ人宿泊客が戻っている」(ロジャー・ミュラー社長)という。夏場の利用件数も11%増えた。

休暇村などを運営するRekaは今夏の利用件数が7.8%伸び、冬の予約件数も今のところ前年より7.8%多い。ただ学校の冬休み期間は昨年より早く予約が始まっており、最終的な宿泊件数がこまで伸びるかは不明。雪の降り具合も収益に響く。

夏のキャンプ場の宿泊者数は13.1%増加し、冬用キャンプ施設の運営者も期待を膨らませている。ツーリングクラブスイス(TCS)キャンピングは暖房付きの小屋やキャンピングカーをシオンやサメーダン、シュクオール、ルガーノ、ソロトゥルンで提供する。エンガディン地方シュクオールの冬キャンプの利用者数は過去最高に達しそうだ。

ユースホステルも冬の予約件数が9%多く、「極めて」好調だという。ただ夏の利用件数は1%減った。

ベッド・アンド・ブレックファスト(B&B)では夏の宿泊者数が2.4%増加。なかでもドイツ人宿泊者が7.8%増え全体を押し上げた。イタリア人の利用者は減った。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する