ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

逆風続く銀行業界 成長滞るスイスの銀行 銀行家協会が年次報告

スイス銀行協会のチーフ・エコノミスト、マルティン・ヘス氏

記者会見でスイスの銀行の現状を解説するスイス銀行協会のチーフ・エコノミスト、マルティン・ヘス氏

(Keystone)

スイスの銀行には強い逆風が吹き、成長が滞っている。業界全体の純利益や預かり資産は増えているが、内実は異なるようだ。

 スイス銀行家協会は30日、年次報告書「バンキング・バロメーター」最新版他のサイトへで2017年の銀行業界の業績を発表した。スイス国内の銀行253行合計の純利益は98億フラン(約1兆1千億円)と、前年に比べ24%増えた。預かり資産も1割近く増え、7兆3千億フランに達した。

 銀行家協会のアウグスト・ベンツ副会長氏は、「銀行を取り巻く環境は不透明だと表現されるが、再び成長に向かう兆しがある」と述べた。

外部リンクへ移動

スイスの銀行の預かり資産総額の推移を示すグラフ

だがデータを詳しく見てみると、成長よりもむしろ停滞が見られる。純利益が増額したのは赤字に陥る銀行が前年より減ったに過ぎず、株主に分配される利益が増えたわけではない。黒字決算の銀行の収支は前年に比べ特段の変化はなかった。

 また銀行家協会は、預かり資産の増加もスイスの銀行に資産を預ける顧客が増えたわけではなく、為替変動で資産価額が増えたに過ぎないことを認めた。国際会計企業KPMGとザンクト・ガレン大がまとめたプライベート・バンキング調査でも同様に、昨年は差し引き213億フランが流出したことが分かっている。

 銀行家協会によると、イギリスのEU離脱(ブレグジット)などさまざまな地政学的リスクの影響で、銀行業界は成長が滞っている。来年以降もEU証券市場に参加するための要件として課されたスイスの銀行法改正も、まだ結論が出ていない。

銀行員の海外流出

 米国発の貿易戦争も金融市場への圧力となっている。銀行化協会は、スイス中央銀行のマイナス金利政策も悩みの種となっていると打ち明けた。昨年、スイスの銀行はマイナス金利政策により前年より5億フラン多い20億フランを中銀に納めた。

 スイスの銀行で働く人はフルタイム換算で9万3554人と、前年比7.7%減った。8行がスイス市場から撤退したことが一因だ。

 大手銀行UBSは、事務職員約1000人をビール(ビエンヌ)やソロトゥルンなど人件費が安い地域に移すと発表した。移転先のオフィスは「銀行」と定義されなくなり、職員も銀行家協会の統計にカウントされなくなった。これを除くと、業界全体の労働者数は微減にとどまる。

 2018年上半期はスイスの銀行が国外で従業員を増やしたため、国内のフルタイム換算の労働者数はさらに減っているという。近い将来に従業員を増やす予定がある銀行は3分の1程度にとどまる。

swissinfo.ch

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。