スイスの銀行、金融犯罪への対処に遅れ KPMG調査

国際会計企業KPMGは、スイスの銀行業界は金融犯罪の防止・摘発に尽力すると明確にアピールすべきと警告した Keystone

スイスの金融機関と金融当局は、金融システムで起こる組織犯罪やマネーロンダリング(資金洗浄)を防ぐための方策が不足している。国際会計企業KPMGが26日に発表した調査で分かった。

このコンテンツは 2018/06/27 14:35
SDA-ATS/ln

「金融サービスにおける犯罪に関する透明性」と題する調査では、銀行が金融犯罪を確実に防ぎ、犯罪活動を摘発するために対処すべき課題や問題点を掘り下げた。

調査は、新しい技術や電子マネーの登場により、国境を越えたお金カネ の流れを追跡するのがますます難しくなったと指摘する。一方、現在の金融規制は技術開発のスピードに追いついていないという。

調査した50行の中には、リスク評価やITインフラに関連した赤字を抱えている銀行もある。

必要な行動

調査は、銀行業界は金融犯罪を徹底して防止・摘発することに尽力するとアピールすべきと指摘する。従業員の問題意識を高め、コンプライアンスを守りコスト削減に努める必要があるという。

必要なのは、銀行内部に金融犯罪のリスクに対処する枠組みを構築することだ。銀行は強力なコンプライアンス文化を育成する必要がある。コンプライアンスに違反した従業員の処罰などにより「あるべき風紀」を作るのは、経営陣の責任であると指摘する。

犯罪の防止・摘発のためには、スイス連邦警察省のマネーロンダリング通報局への通報についても質を高めるべきだと明記した。優れた通報が習慣化すれば、スイスの金融市場全体にとってメリットが大きいと結論づけた。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する