Navigation

Armando Mombelli

おすすめの記事

スイス経済はコロナ危機からどう抜け出すか

このコンテンツは 2020/04/14 パンデミックに見舞われた今年、少なくとも前期は世界経済の不況を免れそうにない。そんな中、スイスはこの危機による経済的・社会的損害を最低限に抑えるために、どんな手段を講じられるのか。また、スイスの経済回復の見通しを曇らせる要素は何なのか。

おすすめの記事

マイナス金利政策の勝者と敗者

このコンテンツは 2020/03/01 スイス国立銀行(中央銀行、SNB)がマイナス金利政策を導入してから5年超が経ち、経済・社会的な影響が一段と広がっている。批判も多いが、SNBがマイナス金利を取りやめる気配はない。スイスの通貨フランの過大評価を防ぐには、マイナス金利が不可欠との考えからだ。

おすすめの記事

越境労働者を抱えるティチーノ州の新型肺炎リスク

このコンテンツは 2020/02/25 スイス南部のティチーノ州から数キロメートル離れたイタリア北部で、新型コロナウイルスが猛威を振るっている。ティチーノ州で働く人の4人に1人はイタリアから毎日国境を越えてやってくる。一部住民は州政府に対し、国境を封鎖するよう求めている。

おすすめの記事

スイスのスタートアップが蓄電技術に革命

このコンテンツは 2019/12/09 発想自体は平凡だが、たどり着くのは容易ではなかった。再生可能エネルギーを使い、クレーンでロープの先のコンクリートブロックを引き上げ、必要に応じてまた引き下げて発電する。スイス南部・ティチーノ州のスタートアップ企業「エナジー・ボールト」は、エネルギーを貯蔵する革命的な手法を発明した。

おすすめの記事

世界で強まる脱税取り締まり スイスの立ち位置は

このコンテンツは 2019/09/21 スイスは長年の伝統だった銀行秘密を放棄し、税の自動的情報交換制度(AIE)に加わった。昨年から国内銀行にある外国人顧客の口座情報を36カ国と交換し、加盟国は今後約100カ国まで増える見通しだ。脱税を取り締まるためのこの枠組みに死角はないのか?

おすすめの記事

外国人功労者にスイス国籍? 大統領提案が炎上

このコンテンツは 2019/08/28 スイスのウエリ・マウラー連邦大統領の提案は度肝を抜いた。世界経済フォーラム(WEF)の創始者クラウス・シュワブ氏に、スイス経済への貢献に対する感謝のしるしとしてスイス国籍を与えようというのだ。だが勲章としての国籍付与は、スイス共和制の歴史にそぐわないとの批判が出ている。

おすすめの記事

巨大IT企業への課税、スイスに痛手か

このコンテンツは 2019/07/26 多国籍企業が税制上の抜け穴を利用した課税逃れを防止するため、国際的な課税ルールの抜本的な改革が急ピッチで進められている。6月の主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)でも、巨大IT企業への「デジタル課税」ルールが焦点の一つになった。ただ、低税率で多国籍企業を誘致してきたスイスは、国際課税ル...

おすすめの記事

ロマンチストで孤高の環境活動家 フランツ・ヴェーバー

このコンテンツは 2019/04/05 スイスの環境保護活動家フランツ・ヴェーバーさんが2日、91歳で死去した。フランツ・ヴェーバー財団が発表した。スイスでは、別荘の建設に上限を設けるイニシアチブ(国民発議)を成功させた人物として知られるヴェーバーさん。環境保護活動に尽力した軌跡をたどった。

おすすめの記事

命を救うドローン 原発にも活用

このコンテンツは 2019/02/13 スタートアップ企業フライアビリティ社のドローンは、これまでは事実上アクセス不可能だった場所や、点検作業に大きなリスクや高いコストが伴う場所に入っていくことができる。今では原子力発電所や工業施設、警察や消防署で活用されるようになった。スイスの「ドローンバレー」における成功事例の代表格だ。

おすすめの記事

今年のスイス政治に襲い掛かる「ゾンビ」

このコンテンツは 2019/01/02 2019年のスイスを予想するには、過去を振り返る必要がある。今年は、長年の政治的課題がまるでゾンビのように眠りから目を覚ますだろう。その多くはすでに目覚めており、政府や連邦議会に対応を迫っている。スイスに今年襲い掛かる「ゾンビ」とは?

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。