2018年スイスのビジネス、イメージ失墜 スキャンダルの影響で

国営のポストバスは連邦および州から多額の補助金を不正に受け取っていた Keystone
このコンテンツは 2019/02/14 10:45
Keystone-SDA/ts

ビジネスを行う場所としてのスイスの評判が昨年深刻な打撃を受けた。銀行詐欺から補助金不正受給問題まで、さまざまなスキャンダルがスイスのイメージに影を落とした。 

スイス・バーゼルを拠点とするコンサルタント会社コムスラブ(Commslab)とチューリヒ大学のfög研究所が12日に発表した「スイス経済評判インデックス」2018年版によると、スイスのイメージは5四半期連続で下落し、2014年7月以来最低の水準に達した。 

コムスラブは、財政と現実世界の動向の悪化につながったとみる。スイスの金融セクターにダメージを与えたのは、特にライフアイゼン銀行の元頭取が銀行詐欺の罪に問われたスキャンダルが大きかった。また、フランスや米国で法的争いのあったUBS銀行の脱税と資金洗浄も影響した。 

スイスの山々を走る黄色いバスで知られるスイス国営のポストバスは、2007年から2015年にかけて会計の不正操作を行い、連邦および州から数十億円に相当する補助金を不正に受け取っていた事実が発覚し、非難の対象となった。これにより、ポストバスの経営陣全員、スイス郵便の最高経営責任者(CEO)、そして理事会の数名が辞任に追い込まれた。 

個々のセクターに関しては、保険会社とライフサイエンス企業が最高の評価を得てこれまでの好イメージをさらに向上させた。建設業とメディア部門も評判がアップしている。 

銀行セクターは下位に下落し、最下位は運輸/物流会社だった。 この指数は、18セクターで138の企業を含む約1万4800の一般的なメディア報道をもとに統計を取った。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する